名古屋市内・長屋(連棟式住宅)の空き家問題 解決ストーリー①
ホーム > 名古屋市内・長屋(連棟式住宅)の空き家問題 解決ストーリー①

名古屋市内・長屋(連棟式住宅)の空き家問題 解決ストーリー①

2020年02月17日(月)2:01 PM

空き家問題の最終的な解決は、

もちろん誰かが家を利用し空き家状態を解消することです。

 

所有者の親族であったり、相続人であったり、もしくは購入した

第三者が利用するということです。

 

しかし、所有者の親族や相続人による利用はケースとして少ないですね。

皆さんすでにマイホームを所有しているからです。

 

そこで売却に至るケースが多いですが、過疎地域と異なり

名古屋市内の場合概ね売却が可能(買い手が存在する)ですので

何とかなるのですが、中には中々売却できないケースもあります。

 

その代表例が長屋(連棟式住宅)です。

名古屋市内では中村区、中川区、千種区、昭和区、瑞穂区などで見かけます。

(古くから人が住んでいた地域ですね)

 

建物がお隣と繋がっていて、柱、壁を共用しています。

切り離すにはお隣のご理解と慎重な作業が必要です。

 

 

写真は昨年秋に弊社で取り組みを始めた名古屋市内の長屋です。

 

どのようになっていくか?シリーズでお伝えします。

 

次回は権利関係と隣家との折衝についてです。

 

お楽しみに。



«   |  

過去の記事